SMS認証とは|電話番号宛てにパスワードを送ることで本人確認を行う

このページでは、「SMS認証とは」について解説をしていきます。

結論から言いますと、SMSを利用することで本人確認を行って乗っ取りを防ぐことができます。

SMSとは

ガラケーの時代から割と聞き馴染みのある方も多いかと思います。

SMSとは、電話番号宛へのメッセージのサービスを指します。

逆にEメールは、メールアドレス宛に送るメッセージの事を指します。

ポイント:電話番号に紐付けられている

SMSの最大のポイントは、電話番号に紐付けられているということです。

Eメールのようにメールアドレスには、紐付けられていません。

SMS認証とは

最近、サービスやアカウントに登録をする際に「SMS認証」を利用することが増えてきました。

このSMS認証について解説をしていきます。

SMS認証の流れ

SMS認証の流れとしてはこのような流れになります。

  1. サービスへ登録をする際に電話番号を入力する
  2. 電話番号宛にパスワードが送られてくる
  3. パスワードを入力して本人確認を行う

パスワードは、そのときにしか使えないもの

電話番号宛に送られてくるSMSに記載されたパスワードは、そのときのみ使用可能です。

これをワンタイムパスワードと呼びます。

つまり、ワンタイムパスワードをメモして覚えておく必要はありません。

この一時的に使用できるランダムに並べられた数字(パスワード)をサービスの登録画面に入力をすることで、本人確認が行われます。

なぜSMSで本人確認を行うの?

先ほど解説したとおり、SMSは電話番号に紐付けられているサービスです。

電話番号はスマホの中に入っているSIMカードに紐付けられていることから、個人を判別しやすく、また乗っ取りなどのなりすましを防ぐ目的があります。

2段階認証などにも採用されている

例えば、すでに登録をしているサービスやアカウントの情報を変更する場合。

変更を確定させるためには、SMSに送られてきたパスワードを要求される場合があります。

このように、今操作を行っているのが本人かどうかを証明するために、電話番号宛てにパスワードが記載されたメッセージを送って、本人確認を行います。

今の時代電話番号はいらない!というのは注意

無料通話アプリやメッセージアプリ、SNSなどの普及によって電話番号を利用するケースが徐々に減ってきたかと思います。電話とか面倒くさい・・・という人も多いかと思います。

だからと言って、電話番号を持たないというのは注意が必要です。

SMS機能付きがおすすめ

もし、電話は使わないからいらない!という方は、SMS機能付きのSIMカードを契約することをおすすめします。

通常のSIMカードよりも毎月の基本料金を安くすることができます。

↓詳しくはこちらをご覧ください。

SIMカードのサイズ・音声通話・データ通信・SMS機能の違い【読めばわかる】
SIMカードには、標準SIM・micro SIM・nano SIMと3種類のサイズがあります。また、音声通話SIM・データ通信専用SIM・SMS機能付きSIMなどタイプも3種類あります。ここではそんなSIMカードについてわかりやすく解説をします。