【基本】格安SIMはなぜ安い?特徴や仕組みを初心者にもわかりやすく解説

格安SIMの基本

この記事でわかること
  • 格安SIMの仕組みとは?
  • 格安SIMはなぜ安いのか
  • 格安SIMのメリットとデメリット
格安SIMについて

「月々のスマホ代が高くて困っている」「月々のスマホ代を安くしたい」という方も多いかと思います。

格安SIMへ乗り換えようかな?と考えている方もいるでしょう。

この記事では、格安SIMとはについて初心者の方にも分かりやすく解説をしていきます。

ちょうど毎月のスマホ代が気になっていたので、ここで勉強させてください!

わかりました。それでは一緒に見ていきましょう

スマホ代が安くなる「格安SIM」の仕組みとは

「格安SIMへ乗り換えたら月々のスマホ代が安くなる」というだけでも知識としては十分かもしれません。

しかし、なぜ安くなるのか?基本的な仕組みについて理解しておいても損はありません。

格安SIMへ乗り換えを考えている方は、ぜひ仕組みを理解しておくことをおすすめします。

SIMカードはインターネットや電話をする際の必需品

SIMカードと回線の関係

格安SIMのSIMは 「SIMカード」のことを指しています。

SIMカードはスマホの中に入っている小さなチップ(ICカード)です。

私達が好きなときに電話をしたりインターネットに繋げることができるのは、このSIMカードのおかげです。

逆に言えばSIMカードがないとネットを使うことも電話を使うこともできません

僕のタブレットがWi-Fiに繋がないとネットを使えないのは、タブレットにSIMカードが入っていないからだったんですね

SIMカードには情報が入っている

SIMカードに入っている情報は主に2つです。

  • 契約者の情報
  • 契約者の電話番号が紐付けられている

この2つの情報が小さなSIMカードには入っているんだ!と覚えていただければと思います。

スマホで撮影した写真やデータなどはSIMに保存されておりません。

SIMカードは契約をしている通信会社のものを使用

SIMカードは現在自分が契約をしている通信会社のものを使用しています。

スマホ画面の左上や右上に「ドコモ」「au」「Softbank」など、自分が契約をしている通信会社の情報と電波の状況が表示されていると思います。(機種によっては隠れている場合もあります)

この表示された通信会社のSIMカードが現在スマホの中に入っているというわけです。

ドコモユーザーはドコモのSIMカードを使っています。auやソフトバンクユーザーもそれぞれの通信会社のSIMカードがスマホに入っています

格安SIMが安い理由は2つ

格安SIMの仕組み

SIMカードについてある程度理解はできたかと思います。

では、次になぜ格安SIMは安いのか?について解説をしていきます。

格安SIMが安い理由は大きく2つあります。

  • キャリアから回線をレンタルして運営している
  • 実店舗を持たないことで人件費などのコストを削減

①:格安SIMの会社はキャリアからレンタルをして運営している

ドコモ・au・ソフトバンクをキャリアと呼びます。

このキャリアから通信基地局(回線)をレンタルして運営しているのが格安SIMの会社です。

基地局はそれぞれのキャリアが整備をしています。

最近は少なくなってきましたが、圏外の地域はこの基地局の電波が届いていないということです。

レンタルをして運営をしていると聞くと、逆に高くなりそうだけど・・・と思う方もいらっしゃるかと思います。

しかし、格安SIMの会社からすれば基地局などの設備を持たないことで維持費などのメンテナンス代や設備投資のお金などが必要なくなります。

結果的に回線をレンタルして運営をした方が安くなるというわけです

②:ショップを持たないことで人件費などをカット

キャリアの携帯ショップはあらゆるところにありますよね。

ドコモ・au・ソフトバンクの看板は田舎の方に住んでいても見る機会はあるかと思います。

逆に格安SIMの会社「LINEモバイル」や「mineo(マイネオ)」などのショップを見たことがあるという人は少ないのではないでしょうか?

このように格安SIMの会社はなるべく実店舗を持たないことで人件費などのコストを削減しております。

格安SIMの会社は色んなところで費用を抑えて運営しているんですね

格安SIMへ乗り換えた場合のメリット・デメリット

格安SIMについてだんだんと分かってきたところで、気になるのはメリットとデメリットだと思います。

それではメリットとデメリットについて解説していきましょう。

格安SIMのメリット

格安SIMのメリットは2つあります。

  • 月々のスマホ代を安くすることができる
  • 選択肢が多いから自分に合うプランを選びやすい

月々のスマホ代を安くすることができる

先ほども申し上げた通り、格安SIMの会社は回線をレンタルして運営をしています。

コストを削減してユーザーに提供をする事ができるため、料金プランも安くなります。

キャリアのように家族割や光回線など色々とセットにして条件を満たさないと月々のスマホ代は安くならない!ということがないので嬉しいですね

1人からでも月々の料金が安くなるのは確かに嬉しいですね

選択肢が多いから自分に合ったプランが選びやすい

格安SIMの会社は何社もあるため、自分に合ったプランを選びやすいというのがあります。

会社によって独自のサービスやオプションが用意しているところもあるので、自分のライフスタイルに合った格安SIMを選べば更にお得に快適に使うことができます。

格安SIMのデメリット

格安SIMは確かに月々のスマホ代は安くなります。

しかし、格安SIMにも欠点があります。

そんなデメリットがこちら。

  • 通信速度が安定しない場合がある
  • キャリアのメールアドレスが使えなくなる
  • LINEのID検索が使えない

通信速度が安定しない場合がある

ネットを利用するユーザーの多い時間帯(夜など)は、通信速度が遅くなる場合があります。

格安SIMは、キャリアの大きな部屋の一部を間借りしているようなものです。

ネットを使うユーザーが増える時間帯はその間借りした部屋がいっぱいになりやすく、通信速度が落ちてしまうということが起きます。

自宅にWi-Fiがある方やモバイルWi-Fiなどがある方は、そちらに繋ぐことで混雑を回避することができます

キャリアのメールアドレスを使うことができない

格安SIMへ乗り換えた場合、現在使用しているキャリアのメールアドレスが使えなくなります。

キャリアのメールアドレスは、ドコモ(@docomo)やau(@ezwebや@au)といったメールアドレスのことを指します。

元々キャリアのメールアドレスは使っていなくて「LINE」や「Gmail」などで連絡を取り合っているという方であれば良いですが、キャリアのメールアドレスを使いたいという方は注意が必要です。

格安SIMの会社によっては、そこの会社のメールアドレスをオプションなどで付ければ使える場合もあります

LINEのID検索ができない

格安SIMへ乗り換えると「LINE」のID検索が使えなくなります。

友達を追加する際に電話番号やQRコード以外にIDを検索して追加をするという方法を取っている方は注意が必要です。

格安SIMのLINEモバイルは、ID検索が可能となっております。

【注意点】基本的に機種は自分で用意する

スマホは自分で用意する

ドコモ・au・ソフトバンクで契約をしている方は、機種変更をする際にそこの携帯ショップで機種変更をすることが多いかと思います。最近はオンラインショップもあるのでネットで済ませる方もいるでしょう。

格安SIMの場合は、基本的に機種(スマホ)は自分で用意をする必要があります。

格安SIMの会社は基本的に最新機種を取り扱っておりません。
最新のiPhoneを格安SIMの会社から購入することは難しいというわけです。

もちろん格安SIMの会社からスマホを購入することはできますが、基本的に数年前のスマホ(型落ち)になります。

格安SIMへ乗り換えたらもう最新スマホは買えないんですか?

最新スマホを使いたい方は、自分で購入をして用意する必要があります

自分でスマホの機種を用意する方法とは

例えば、最新のiPhoneが欲しい方は全国に何店舗かあるアップルストアで購入をする必要があります。

ネットで済ませたい方は、Appleのオンラインストアで購入をすることが可能です。

Androidユーザーであれば、自分が欲しいメーカーのサイトから購入することができます。

また、amazonなどでも購入が可能です。

今の時代、キャリアと契約をしていても自分で直接購入するという人も少なくありません

iPhoneの発売日にアップルストアに並んで購入する人がニュースとかで良く見ますけど、あの中にもキャリアで契約をしている人もいれば格安SIMの人もいるんですね!

そうですね!ですので、自分でスマホを購入して用意しないといけないのか・・・と不安になる必要はありません

新しくスマホを購入したら、現在自分が使用しているスマホからSIMカードを抜きます。

そして新しいスマホにSIMカードを入れ替えれば使うことができます。機種変更は意外と簡単ですね。

型落ちでも良いのであれば格安SIMの会社から購入可能

別に新しいスマホに魅力を感じず、型落ちのスマホでも良いという方は格安SIMの会社から購入が可能です。

購入方法としては自分が契約をしている格安SIMの公式サイトから機種の購入ができます。

格安SIMを理解して賢く月々のスマホ代を安くしましょう

  • 格安SIMは、ドコモ・au・ソフトバンクといったキャリアから回線を借りて運営をしているため、ユーザーに安い料金プランを提供できています。
  • メリット、デメリットはありますが月々のスマホ代をとにかく安くしたいという方は、格安SIMへの乗り換えをおすすめします。
  • 格安SIMの会社によって独自のサービスがある為、自分のライフスタイルに合わせた格安SIMを探して契約をしましょう。
記事のまとめ