【決定版】SIM好きが選ぶおすすめの格安SIMを徹底比較【5選】

月々のスマホ代が安くしたいのであれば、「格安SIM」へ乗り換えましょう。

毎月の固定費を見直したいのであれば、「格安SIM」へ乗り換えましょう。

でも、どこの格安SIMへ乗り換えるべきかわからない!という方も多いと思います。

ここでは、おすすめの格安SIM会社を5社に絞って紹介していきます。

5社の中から自分に合った格安SIMを選べば良いという事ですね

それぞれ特徴があるので、自分に合う格安SIM会社を選びましょう

【2020年】おすすめしたい格安SIM 5選

格安SIM月額料金
UQモバイル1,980円〜
Y!mobile2,680円〜
LINEモバイル1,100円〜
BIGLOBEモバイル1,400円〜
OCNモバイル1,180円〜

UQモバイル

ドコモ回線au回線ソフトバンク回線
  • auのサブブランドにあたる格安SIM会社
  • 通信速度にこだわる方におすすめ
  • 残ったデータ容量は来月に繰り越し可能

月額1,980円で毎月3GBのプランと月額2,980円で10GBのシンプルなプランのみ。

2台目以降は家族割によって毎月500円の割引が適用されます。

家族で格安SIMへ加入を考えている方にもおすすめ。

\ 公式サイトをチェックする /

Y!mobile(ワイモバイル)

ドコモ回線au回線ソフトバンク回線
  • ソフトバンクのサブブランドであり、独自回線も持つ
  • 通信速度にこだわる方におすすめ
  • 通話をよくされる方は、ワイモバイルで一石二鳥

月額2,680円からと他の格安SIMと比べて、基本料金はやや高めに設定されています。

しかし、プランの中に自動的に「10分以内の国内通話がかけ放題」が入っています。

通話をよく利用する方で格安SIMを考えている方におすすめです。

\ 公式サイトをチェックする /

LINEモバイル

ドコモ回線au回線ソフトバンク回線
  • トリプルキャリアに対応で乗り換えしやすい
  • LINEをよく利用される方におすすめ
  • SNSがカウントフリーになるオプションもある

LINEモバイルは、LINEへのデータ通信量をカウントしません。

つまり、どれだけ使っても毎月のデータ通信量を消費することなく使うことができます。

また、TwitterやInstagramといったSNSへのデータ通信もカウントしなくなるオプションも用意されているので、SNSヘビーユーザーにもおすすめです。

\ 公式サイトをチェックする /

BIGLOBEモバイル

ドコモ回線au回線ソフトバンク回線
  • 家族割があるので家族で加入もOK
  • YouTubeや音楽好きの方におすすめ
  • 余ったデータ容量は翌月に繰り越し可能

2台目以降は毎月200円の割引があるので、家族でBIGLOBEモバイルへ乗り換えもアリです。

月額480円のエンタメフリー・オプションというサービスに加入すると、YouTubeやSpotify、AWAなど動画や音楽のサービス全22種類(2020年9月時点)がデータ通信量を消費せず利用することができるようになります。

\ 公式サイトをチェックする /

OCNモバイル

ドコモ回線au回線ソフトバンク回線
  • ドコモ回線の中では比較的通信速度が速い
  • 大容量プランを希望される方におすすめ
  • 決まった人に通話をよく利用するならお得

格安SIMでは珍しい大容量プランに対応しており、毎月30GBのプランまであります。

BIGLOBEモバイルには少し変わった通話オプションがあり、月額850円でその月に通話をした上位3名(通話料上位3名)への通話料を0円にするというものがあります。

特定の人に長電話をするという方におすすめです。

\ 公式サイトをチェックする /

乗り換え先の格安SIM会社が決まったらやるべきこと

乗り換え先が決まったら、次に乗り換えの準備が必要になります。

【極論】UQモバイルかY!mobileで良い

正直に言います。

特に理由がないのであれば、格安SIMはUQモバイルかワイモバイルがおすすめです。

もちろん「この機能がほしい」「このオプションがほしい」という理由があるのであれば、そこの格安SIM会社を選ぶべきです。

ただ、特に理由はないけど・・・という方であればUQモバイルかワイモバイルを推します。

大手キャリアのサブブランドということもあり、安定した通信速度を出してくれます。

格安SIMの仕組みや機能についてもっと勉強したいという方は、こちらをぜひご覧ください