MNOとMVNOとは|キャリアと格安SIMの会社を指した言葉

MNOってなに?MVNOってなに?という方に向けて解説をした記事となります。

先に結論から言いますと、キャリアと格安SIM会社のことを指した言葉となります。

特別覚えておく必要はない言葉ですが、知っていて損はありません。

MNOとMVNOの違いとは

MNOとMVNOは、何を指している言葉なのか?

それぞれの違いを解説していきます。

MNOとは

MNPは、「Mobile Network Operator」の略です。

簡単に言ってしまうとドコモ・au・ソフトバンク・(楽天)といったキャリアを指します。

このキャリアは、自社で独自の回線を持っているため、全国各地に通信基地局を持っています。

私達が日本でどこにいてもスマホが繋がるのは、基地局のおかげです

MVNOとは

MNPは、「Mobile Virtual Network Operator」の略です。

こちらも簡単に言ってしまうと、LINEモバイルやBIGLOBEモバイルといった格安SIMを指します。

MNOとの大きな違いは、自社の回線・通信基地局を持っていません。

キャリアのように自社の回線を持たずに運営をしています

格安SIM(MVNO)の運営スタイル

格安SIM(MVNO)の会社は、キャリアから回線を借りてユーザーに提供をしています。

つまり、「キャリア」と「ユーザー」の間に入っているようなイメージになります。

回線をレンタルしているからコストを抑えられる

通信基地局を1から全国各地に設置するというのは、かなりのコストがかかります。

また、通信基地局の維持費やメンテナンスなどの費用を考えると大変ですよね。

そこで、格安SIMの会社はレンタルという形を取ってコストを抑えています。

結果的にユーザーに安い料金プランで提供できる

コストを抑えて運営をしているため、格安SIMは安い料金プランでユーザーに提供することができます。

なぜ格安SIMは安いのか?という謎もこれで解決できたかと思います。

【まとめ】MNO・MVNOとは?

  • MNOは、自社の回線を持っているドコモ・au・ソフトバンク・(楽天)などキャリアのことを指します。
  • MVNOは、自社の回線を持っていない格安SIM会社のことを指します。