eSIMとは|SIMカードと違いスマホに差し替える必要はありません

最近少しずつ目にしたり耳にする機会も増えてきた「eSIM」について解説します。

eSIMを理解する前にまずは、SIMカードの仕組みを簡単に見ていきましょう。

eSIMの前にSIMカードを解説

スマホの中には、小さなカード型のチップが入っています。

これを「SIMカード」と呼びます。

このSIMカードをスマホに入れることで、通話ができたり、メールができたり、ネットに繋げることができます。

SIMカードは、入れ替えることで回線が変わる

ドコモを利用している方は、ドコモのSIMカードを使用しています。

ドコモのSIMカードを使用することで、ドコモの回線を使うことができます。

もし、auのSIMカードと入れ替えると今度はauの回線を使うことができます。

通信会社と契約をしたSIMカードをスマホに差すことで、そこの通信会社の回線を使えるようになります。

他者へ乗り換えた場合、SIMカードを入れ替えます

ドコモユーザーがauへ乗り換えをした場合。

ユーザーは、ドコモのSIMカードを抜いてauのSIMカードを差して使うことになります。

eSIMはスマホに内蔵されている

先ほど紹介したSIMカードと同じ役割を果たすのがeSIMです。

しかし、SIMカードとの違いはスマホに内蔵されているというところです。

eSIMの特徴

  • スマホに最初から内蔵されている
  • 情報を書き換えることができる
  • 1つのスマホに2つの回線を持つことも可能

スマホに最初から内蔵されている

スマホに内蔵されているため、SIMカードのように簡単に取り外しはできません。

また、eSIMに対応していないスマホの場合はeSIMを利用することができません。

情報を書き換えることができる

SIMカードの場合は、スマホに入れるSIMによって回線を切り替えることができます。

eSIMの場合は、取り外しができませんが情報を書き換えることができます。

書き換え方法は、契約をした通信会社のQRコードなどを読み取ってインストールを行うだけです。
eSIMにその情報が書き換えられ、そこの会社の回線を利用することができるようになります。

つまり、SIMカードの差し替えをする必要もなくオンライン上で全て解決できるということです。

ネットで注文をして自宅にSIMカードが届くのを待つ・・・ということも必要ありません。

1つのスマホで2つの回線を持つことができる

eSIMに対応しているスマホの場合。

A社のSIMカードとB社のeSIMを契約することで、1つのスマホで2つの回線を持つことができます。

eSIMを提供している楽天モバイル

実際にeSIMを今すぐ利用できるのか?という方向けに紹介します。

すでに第4キャリアとして参入をした楽天モバイルでは、eSIMのサービスを開始しています。

↑ 楽天モバイルでの申込画面

例えば、今契約をしているキャリア(通信会社)のまま、楽天モバイルでeSIMを契約すると、1台のスマホで今までのキャリアの回線+楽天モバイルの回線を利用することができるようになります。

【まとめ】SIMカードとeSIMの違い

  • SIMカードは、差し替えることで使う回線を変えることができます。
  • eSIMは、情報(プロファイル)をダウンロードすることで書き換えることができます。