キャリアのメールアドレスが使えるおすすめの格安SIMは?【解説】

格安SIMへ乗り換えてもキャリアのメールアドレスが欲しいという方向けに、キャリアのメールアドレスが使えるおすすめの格安SIMを紹介します。

キャリアのメールアドレスとフリーのメールアドレスの違いを最初に解説していますので、そんなこと知っているよ!という方は読み飛ばしていただいて構いません。

キャリアメールとフリーメールとの違い

キャリアメールってそもそもなに?という方に向けてまずは解説します。

キャリアメールとは、以下のようなメールアドレスのことを指します。

  • @docomo.ne.jp
  • @ezweb.ne.jp
  • @softbank.ne.jp

つまり、自分が契約をしている携帯会社(通信会社)のメールアドレスです。

キャリアメール → 誰でも入手できるわけではない

ドコモを契約している方が、auのメールアドレス(@ezweb)を使うことはできませんよね。

同じようにソフトバンクを契約している方が、ドコモのメールアドレスを使うことはできません。

他社に乗り換えをしたことがある方ならおわかり頂けるかと思います

フリーメール → IDとパスワードを用意すれば誰でも作成可能

逆にフリーメールは、誰でもメールアドレスを作成することができます。

GoogleのGmailやヤフーのヤフーメールなどが有名です。

自分がどこの会社と契約をしていようが関係なく、自分のメールアドレスを作ることができます

極端に言えばスマホで見れるか?パソコンで見れるか?

  • 基本的にキャリアのメールは、契約をしているスマホ(携帯)からしか確認できません。
  • フリーメールは、アカウントさえ分かれば良いのでスマホからでもパソコンからでもログインをすればメールを確認することができます。

格安SIMユーザーは、フリーメールを使うことになります

大手キャリア3社(ドコモ・au・ソフトバンク)から格安SIMへ乗り換えると、そこで使っていたキャリアのメールアドレスを手放すことになります。

最近は「LINE」や「Gmail」の普及によって、キャリアのメールアドレスを使う機会も減っていると思いますので、メールのやり取りで困る!ということはないと思います。

そして、格安SIMユーザーは通信会社に縛られることのないフリーメールを作成する必要があります。

Gmailがおすすめ

すでに大手キャリアと契約をしているときからGmailを使っていた方も多いと思います。

もし、そういったフリーのメールアドレスを持っていない方はGmailをおすすめします。

フリーメールのデメリットについて

キャリアのメールアドレスを使う機会はないし、別に困らないよ!という方がほとんどだと思いますが、1点デメリットがあります。

それがワンタイムパスワードなどをキャリアのメールアドレスで登録することを推奨するサービスに登録をする際に、少し困るというところ。

ワンタイムパスワードについて

ネットバンクなどセキュリティがしっかりしていないと困るようなサービスでは、ログインや登録情報を変更する際にワンタイムパスワードを採用している会社があります。

簡単に言うと「これ本当にあなたですか?」というのを確認するために、登録してあるメールアドレス宛てにランダムに並べられた数字が送られ、その数字を直接入力することで本人確認を済ませるというものです。

こういったワンタイムパスワードの送信先としてアドレスを登録する際にも、キャリアのアドレスを持っていない方は、フリーのアドレスで登録をすることになってしまいます。

SMS認証を採用している会社であれば電話番号で本人確認ができるのですが、メールアドレスの場合はここがデメリットになってきます

なんでキャリアのメールアドレスを推奨するの?

キャリアのメールアドレスは基本的に1人1つとなっています。

そしてそこのキャリアと契約をしているということは、本名・住所・電話番号・口座情報なども全て渡している状態ですのでメールアドレスとしての信用度も非常に高いという点がフリーメールとの大きな違いです。

誰でも作れるフリーメールと違ってキャリアメールには、自分(個人)との結びつきが非常に強いというわけですね

また、フリーメールよりも乗っ取りのリスクが少ない為、キャリアメールが推奨されています。

ネットバンクなどによっては、キャリアメール以外で登録をしてしまうと一部の機能が使えないという場合がありますので注意が必要です。

このような点から、キャリアのメールアドレスで登録することを推奨している会社が多いということになります。

例として楽天モバイルと楽天銀行の矛盾

楽天モバイルは元々格安SIMでしたが、第4のキャリアとして仲間入りをしました。

しかし、他の大手キャリア3社とは違い現時点(2020年10月)で楽天モバイルのユーザーにキャリアのアドレスは提供されません。

第4キャリアと言いつつもまだまだ基地局やメールアドレスなど細かい部分が追いついていません。

しかし、楽天銀行に登録をするメールアドレスはキャリアのアドレスを推奨しています。

同じ楽天グループなのにおかしい!と思う方も多いと思いますが、このように矛盾が生じてもキャリアのアドレスが推奨されています

キャリアメールが使える格安SIM

ここまでの説明を見てきて「キャリアのアドレスって大事だな」と思った方も多いでしょう。

では、格安SIMへ乗り換えたらキャリアのアドレスは一生持てないのかというと違います。

格安SIMの会社によっては、キャリアのアドレスを提供している会社もあります。

キャリアメールが使えるおすすめ格安SIM

会社名アドレス
ワイモバイル@ymobile.ne.jp
UQモバイル@uqmobile.jp

キャリアメールが欲しいという方で格安SIMへ乗り換えるのであれば、ワイモバイルかUQモバイルがおすすめです。

ワイモバイルは無料でキャリアのアドレスが付与されますが、UQモバイルの場合は月額200円のオプションに加入する必要があります